カウンセラー

心理カウンセラー 輿石 絵美 / Emi Koshiishi

資格:

NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会(JACC)
認定臨床心理カウンセラー、認定臨床心理療法士
日本ゲシュタルト療法学会 会員
(ゲシュタルトネットワークジャパン 認定トレーニング終了)
インナーチャイルドカードセラピスト
リコネクティブ・ヒーリング®︎

略歴

星よみセラピスト、心理カウンセラー。東京都世田谷区出身。

高校卒業後、イギリス・ロンドンへ単身留学。

3年半ロンドンで暮らし、欧州では日本よりももっと気軽に一般の方々がカウンセリングルームを利用することを知り、自身もカウンセリングを受けることに興味を持つ。

帰国後、心理カウンセリングを受けると共に、マンツーマンの英会話学校に就職。

生徒さんの英語上達をサポートするカウンセラーとして、約10年間、都内店舗にて勤務し、たくさんの方の夢の実現を支えてきた。また同時に、家庭教師として子ども達に英会話を教える。

2013年4月、カウンセリングを受けるだけでなく、深く学んでみたいという気持ちが高まり、日本カウンセラー学院に入学。学院で学び始めると同時に教育分析をスタート。
※教育分析とは、心理カウンセラーが受ける教育的カウンセリングのことです。

2013年11月、日本カウンセラー学院主催の海外研修へ参加し、アメリカ・ニューヨークにあるアッカーマン家族療法研究所にて家族療法を学ぶ。その際、アッカーマン家族療法研究所の講師でもありセラピストの、デビッド・ケザー氏(Devid Kezur,LCSW)より教育分析を受ける。

2014年より、ゲシュタルト療法のワークショップに参加するようになり、2015年4月から1年間のトレーニングコースに参加。ゲシュタルト療法の理解を深める。

2015年1月、セラピールームオワゾブルーにてインナーチャイルドカードセラピスト養成講座を受講し、資格を得る。

教育分析や様々なワークショップへの参加を続ける中で、シータヒーリング、リコネクティブ・ヒーリング、禅のマインドフルネス、瞑想と領域が広がっていった。

2015年4月、カウンセリングルームALICEを設立。
都内のカフェやレンタルルームを利用し、様々なバックグラウンドをもつクライアント様の相談にのっている。

【カウンセラーよりメッセージ】

現在、外資系企業でOLをする傍ら、ZOOMによるオンラインで星よみセッションや心理カウンセリング、ゲシュタルト療法を提供しています。

重度の知的障害(ダウン症)をもつ妹と、血液の癌で闘病中の母と共に、お仕事や家事はもちろんのこと、日々の出来事を楽しみながら生活しています。

私は、心理カウンセリングを受け始めた2011年頃から自分自身と向き合ってきました。
自分と向き合う旅の中で、真の幸せは、自分の外側にあるのではなく、内側にすでにあったんだということに気がつきました。

アダルトチルドレン傾向が強く、自分に自信がなかった私が、自分と向き合ったことで自律的になり、ポジティブ思考になり、今は、心からの(真の)幸せを感じながら生活をしています。

私が”変わる”ことができたティップス(コツやテクニック)を盛り込みながら、身体で体感していただく形で心理カウンセリングを提供しています。

皆さんが、捉え方・思考の転換によって心の平穏を取り戻し、笑顔でそれぞれの人生を楽しめるよう、全力でお手伝いをさせていただきます。